海を越えて

掃除の天才だからこそ安心できるハウスクリーニングは名古屋の業者さんです。とってもキレイにしてくれますので、この機会にお任せしてみてはいかがでしょうか。

その昔、中国から伝来してきた「小さい」「珍しい」ものを全般的に指して、南京と読んでいました。
例えば南京豆、そして、南京虫……。伝来して欲しくないものまで伝来してしまうのは、海外との交易における、最大のデメリットと言ったところでしょうか。

南京虫は、トコジラミとも言う吸血性の昆虫で、ノミやダニよりも体長が大きく、その分一度に吸う血の量も多いのが特徴です。そのため、被害がノミやダニよりも、さらに甚大になることが多く、南京虫の被害に悩まされているホテルなどは、南京虫が発生したせいで営業停止になってしまうこともあるほどです。

現代の日本では、南京虫を見かけることはほとんどありません。しかし、時折ふと思い出したように、被害が発生するのが恐ろしいところ。原因のほとんどは、海外、特に南京の由来でもある中国に旅行に行った際に、連れて帰ってきてしまうこと。ノミやダニよりは大きいとは言っても、やはり目を凝らさなければ見つけにくいため、気づかずに家の中まで連れ帰ってしまうことがあるのです。

一度繁殖してしまった南京虫を駆除するためには、一斉にハウスクリーニングを行うしかありません。南京虫は絨毯やカーペット、布団の中などに潜り込んで繁殖します。南京虫駆除を考えるのであれば、家中の、繁殖が考えられるありとあらゆる箇所のハウスクリーニングが必要になるのです。

ここでは、南京虫駆除にスポットをあてて、害虫駆除という観点からハウスクリーニングについての説明を行なっていきます。小さい昆虫でありながら、大きな被害を出す南京虫駆除を軽んじることはできません。
また、一度南京虫駆除をやるとなったら、それは徹底的に行わなければ意味がありません。数匹でも生き延びてしまうと、また元の数まで簡単に繁殖してしまうのです。部屋中、家中、ありとあらゆる場所のハウスクリーニングを実施する。これが最大の解決方法であることを念頭に置いて、南京虫駆除について学んでいきましょう。

羽アリが出没した際にはこちらの駆除業者へ!シロアリ110番ならとても安心です。
ハウスクリーニングなら千葉の業者さんは実績があるので安心して相談できます。一人では出来ない住まいの掃除の際には依頼してみてください。
住まいにトラジコミが発生しているという際はトコジラミ駆除についてこちらで紹介されているので対策法を考えましょう。

Copyright(C)2013 南京虫駆除を考える:ハウスクリーニングと加熱処理 All Rights Reserved. 南京虫駆除を考える:ハウスクリーニングと加熱処理